1th grade


お名前
バドミントン歴 学科・専攻
出身地 出身高校
ひとことメモ


足達 洸太
0年 医学科
愛知 東海・岐阜・千葉
「だっちと呼んでください。」の自己紹介でおなじみの足達洸太くん。
同級生曰く、学校にはあまり来ないという彼の好きなことは運動や漫画を読むこと、さらには一人旅だという。運動の中でも特に球技が好きで得意な彼は熱いリバプールファンらしい。リバプールが好きな理由を聞いてみたが、サッカーに疎い筆者にはあまりわからなかったので、サッカーが好きな人はぜひ彼と熱いサッカー談義を交わしてほしい。ちなみに現地で観戦するためにTOEICの勉強をしているのだとか…。
そんな彼は新歓から持ち前の運動神経でメキメキとバドミントンの腕を上げている。筋トレをして体を大きくするのが今年の目標だという彼は、パワーと体力をつけていけば間違いなく頭角を現す日が来るだろう。同級生の中で一番になりたいと語る彼は、 将来部内でもトップを争うようになってくれると筆者は期待している。
個人的にはM本との共通点が多いように感じる彼には文武両道で活躍をみせてくれることを願っている!彼の華麗なプレーから目が離せない!?

片岩 春都
0年 医学科
愛知 東海
愛知県武豊町出身、いつもにこにこ片岩晴都くん!
武豊町出身と聞いて「おー!」っと思ったのは筆者を含め知多半島出身勢だろう。しかし、保育園から中学校までを富貴(武豊町の中の地名です)で過ごした彼は、ついに一人暮らしを始めます!筆者としましては、知多半島から通う仲間が減るのが少し寂しいと同時に、とってもとってもとってもとってもとっても羨ましいです。
片岩くんはいつもにこにこしていて、コミュ力高くて、いい人です感満載!なんと彼は3人兄弟の1番上のお兄ちゃん!高1の妹と小5の弟がいるらしい。それくらい歳離れてたら絶対かわいいよねぇ、そりゃ優男になっちゃうよねぇ。
そんな優男こと片岩くんは、なんとヘアケアにもこだわりが!高校卒業後にパーマをかけたり、ドライ前にオイルをしたりと意識高めのオシャレボーイ。今後はブリーチにも挑戦したいらしい。もしかしたら現在の髪色やパーマを見られるのは今だけかも!今後の片岩くんの髪型から目が離せない!また、一人暮らしを始めるのに新しいドライヤーを探しているらしいので、何かおすすめがある人は是非片岩くんに教えてあげてください!
片岩くんはバドミントンもとっても上手!サッカー経験者らしく、それを生かした俊敏な動きをみせる。今後もどんどん成長していくこと間違いなし!オシャレな髪型と蛍光ピンクのシューズが見えたらきっとそれが片岩くん!プレーを見たい人は探してみてね!

勝又 弘樹
0年 医学科
埼玉 大宮
最高にロックな高校、大宮高校からやってきたかっつーことかつまたひろきくん。
彼は元ボート部であり、体はガッチリとしている。彼の特徴の一つとしてクソデカ足がある。彼は自分の足に合うサイズの靴がなかったため、新歓の最初の方では裸足でやっていたことは記憶に新しい。
彼の好きな食べ物は、"たこ焼き"ではなく、すき焼きと牛丼だそうだ。(筆者的にはプロ銀だかーであってほしかったのである。)彼とご飯に行く時に迷ったら、薄切れの牛肉を食べさせてあげましょう。
彼にはある変わった癖がある。それは話す時や、食べる時に口に手を添えることだ。彼に理由を聞いてみると、「人が食べている時の口をみるのが苦手なんですよ。」とのこと。もし、かつまたくんと一緒に食べることがある時は、「フンッフンッo(`ω´ )o」と威嚇されないように気をつけて食べましょう。
バドミントンでは、その身長を生かしたプレーに何度も驚かされた。ダブルスの前衛で角度のあるプッシュ、そして絶妙なヘアピンに圧倒された記憶がある。生まれながら持ち合わせた才能とセンスで「ゴリゴリ」と成長していくかつまたくんに今後も目が離せない。(はい終わりでぇーす!)

神田 和哉
0年 医学科
愛知 東海
キャラが濃すぎる東海高校から来た男、神田和哉(かんだかずや)。
新歓で初めて来た時からキャラは濃く、数多の先輩たちの頭に残っていると思う。最初に覚えた一年生の名前は神田和哉であるという人は多いのではないだろうか(幹部上の先輩でも1回で覚えている先輩がいた)。
とても騒がしい子だなと思っていたが、バドミントンに対してはとても真面目だと聞いて印象がすごく変わった。1年生女子も意外と真面目だと言っていた。意外に真面目という一面に驚いたが、5人兄弟の長男と聞いて真面目な一面に納得できた。
そんな彼は元サッカー部の運動神経の良さを活かして、初めてのランク戦で下の方からたくさん勝ち上がりランキングを上げていた。
運動神経の良さと真面目さで彼はどんどんバドミントンが上手になっていくであろう。そんな彼の今後に注目し期待したい。また筆者自身余り話したことはないが、とても面白い子だと思うので話したことがない方は是非話しかけてみてほしい!

榊原 悠斗
0年 医学科
愛知 半田
名医バド部に、また一人、半田市の民が加わった。その名は、榊原悠斗くん。
近年、半田市民率が上がっている気がする。同じ名古屋市外として、春日井市も負けていられない!
早速脱線してしまったので、本題に戻ろう。榊原くんは、バドミントンは初心者だが、今まではバスケをやっていたらしい。木曜日のステップ練習では、バスケ仕込みのとても綺麗なサイドステップを見ることができる。同じような球技をやっていた身として、彼のステップはうますぎてつい見惚れてしまうレベルだ。そんな彼がバドミントンをすると、フットワークがそれはもう軽いし早いし、という感じで、これからどんどん強くなる予感を感じさせてくる。次のランク戦では、要注意人物の一人だ!
そんな彼の、好きな漫画はSKET DANCEだそうだ。筆者はこの漫画を読んだことがないが、何やらとっても面白そうなので今すぐにでも読もうと思う。読んだことがある人がいたら、これを話題に話しかけてみてもいいかもしれない。話すときには髭男の話題も盛り上がりそうだ。榊原くんの好きなバンドは髭男だという。髭男は、めちゃめちゃいいですよね。筆者も髭男は好きだが、髭男の魅力とか詳しく教えて欲しい!
趣味を聞いてみたところ、カラオケとポケモンのガチ対戦を見ること、らしい。カラオケにさそってみるといいかもしれない。やはり髭男を歌うのだろうか。それは行ってみてのお楽しみだろう。もう一つのポケモンの方は、皆さんにもおすすめしたい。ポケモンのガチ対戦をYouTubeで見たことがあるが、めちゃめちゃ面白かった記憶がある。
色々な話題をカバーしていて、一緒に話して盛り上がること不可避な榊原くん。ぜひ、皆さんもどんどん話しかけてみてください!あと、これからの彼のバドミントンにも要注意だ!

鈴木 秋来
0年 医学科
愛知 東海
東海からやってきたしゅうきくん。
しゅうきくんはダンス部も兼部しており、最近はK-POPをお勉強中とのこと。K-POP好きな筆者としても、是非とも完成したダンスを披露してほしいものである。
しゅうきくんは甘党であり、カントリーマアムが大好物でついつい食べすぎちゃうそうだ。そんな甘党であるのにもかかわらず、スタイル抜群なしゅうき君は筆者にとって羨ましいばかりである。
彼には変わったこだわりがある。それは1週間のコーデを日曜日に全て決めてしまうというものだ。彼にはきっと1週間も先を見通す能力があるのだろう。
バドミントンでも先を読むプレーとすぐに諦めない熱さで先のランク戦でたくさんの勝利を重ねていた。負けず嫌いであるしゅうきくんはランク戦で先輩に負けた時、かなり凹んでいたそうだ。その悔しさをバネに次のランク戦ではきっとたくさんランクをあげること間違いなしだ。
中学時代は陸上部に所属しており、強靭な足腰と素早いフットワークを既に持ち合わせている。初心者始めとは思えないほど、メキメキと成長している。
話はそれるが、しゅうきくんはかなりのハリーポッター好きであり、金曜ロードショーで録画したものをすべて5度ずつは見返すほど愛があるそうだ。勇猛果敢で誠実なしゅうきくんが組分け帽子をかぶれば「グリフィンドール!!」と即答することだろう。そんなしゅうきくんにはバド部に入ってからも"穢れる"ことなく"純粋に"育ってくれることを切に願っている。

相地 竜壱
0年 医学科
愛知 東海
今年の1年生医学科の東海高校出身勢の1人、そうちるいくん。
彼は新歓に参加してくれた人の中で唯一、無欠席なのである。今年の1年生、特に男子は参加率がとても高かったが無欠席は彼1人のみ!すごすぎる。
彼がどんな人なのか、それを探っていくうちにわかったのはとにかく陽キャだということである。歌が上手くてアカペラサークルにも所属しており、カラオケが趣味らしい。最近ではT口氏のバイト先のカラオケ店での目撃情報もある。流行りの曲を歌うことが多いそうなので一緒にカラオケに行けば盛り上がること間違いなしだ。キーが高い曲でも難無く歌い上げる歌唱力で周りの人を虜にしているのだろう。
名大祭実行委員もこなしていたという彼だが、そのコミュ力の高さとノリの良さ、フッ軽さからなのか実行委員会でできた友達の家に3日に1回くらい泊まりに行っていたそうだ。社交的でオシャレ、歌もうまいとモテる要素てんこもりな彼だが、実はクズ、意外と一途、など様々な噂が囁かれている。本当の彼は一体どんな人なのだろうか、、、仲良くなって確かめてみてほしい。
ここまで陽キャな一面ばかり紹介してきたが案外かわいらしい面もあるようだ。方向音痴で家の近所でも迷ったり、恋バナが大好きだという。同級生には顔がマダツボミに似てるなどと弄られてしまう一面もあるようだ。
中学でソフトテニスをやっていたという彼はバドミントンもみるみる上達している。今後の快進撃にも期待したい!

筑紫 悠太
0年 医学科
愛知 東海
東海高校出身の筑紫悠太くん。
彼は東海高校から推薦で入ってくるぐらい優秀で、他の一年生に筑紫君ってどんな子って聞くと全員口を揃えて一言目には頭が良いっていうぐらい優秀らしい。
しかし最近の趣味は筋トレとサウナとカラオケで好きなアーティストはミセスとVaundyといかにも大学生っぽい一面も持ち筆者も彼と喋るとめっちゃくちゃ普通の大学生っていう印象です。
そんな彼ですが、実は中学校ではめっちゃくちゃ暴れていたらしい。今の彼からは想像もつかないが、果たしてその一面は大学生活でも見せてくれるのだろうか?

森田 昌史
0年 医学科
長野 松本深志
長野県の松本深志からやってきた彼の名前は守田昌史。
去年はなんと富山大学に通っていたらしい。今は栄の近くに住んでいるので栄にたくさん行って大学生活を楽しんでいる。
彼はバドミントン歴がないながら、カットやスマッシュが相手コートに鮮やかに決まる。練習のノックの時も先輩からのアドバイスをたくさんもらっているところをよく見る。アドバイスを吸収し、さらに上達すること間違いなしだ!
そんな彼の趣味は野球観戦なのだそうだ。愛知に来たが残念ながらドラゴンズファンではなく、カープファンらしい。野球観戦が好きな方は誘ってみてはいかがでしょうか!
また、野球観戦とはギャップのあるかわいい方面の趣味もある。彼はペットショップで犬や猫を見ることが好きらしい。これまたドムジャにペットショップがあるのでペットが好きな人は誘ってみよう!
ここまで聞くとアクティブだと思われるかも知れないが、怠惰だったり時間にルーズなところがあるらしい。なので今年は時間を守ることが目標なのだそうだ。頑張れ!
そんな彼は、友達には真顔が怖いと言われるが実はかまちょらしいのでたくさん話しかけてあげよう!

加藤 優衣
0年 医学科
東京 吉祥女子
吉祥女子高校から来たとても礼儀正しいゆいちゃん。
話し方がとても丁寧で筆者も頭が下がる思いです。
彼女の趣味はフィギュアスケートと音楽を聴くことだそうだ。なんとも優雅でカッコいい趣味である。筆者はスケートを一度だけやったことがあるが、前に進むだけで精一杯だった。是非彼女が滑っている姿を見てみたい。
中高では、弓道をやっていたそうだ。集中力の無い筆者には絶対できないスポーツである。すごい尊敬してしまいます。
バドでは、いつも真剣に練習している姿が思い出される。先輩にも積極的にアドバイスをもらって、メキメキと上達していく彼女に今後も注目だ。

木下 優香
0年 検査
愛知 時習館
時習館からやってきた木下ゆうかちゃん。
彼女は最近Saucy Dogやマカロニえんぴつを聴いているらしい。さすがだ、若い。きちんと流行をおさえている。よね??ちなみに筆者はOfficial髭男dismやKing Gnuあたりで止まっている。
ソフトテニス部だった彼女は大学始めだとは思えないくらい、めちゃめちゃバドミントンが上手い。練習中、とてもきれいなショットが決まっていたので先輩が打っているのかと思ったら、ゆうかちゃんだったこともある。筆者もいつか負けそうで不安だ。
ゆうかちゃんの凄さに驚いたのはバドミントンだけではない。彼女はとんでもなく多才なのである。今までの習い事を聞いたところ、テニス以外にもピアノ、サッカー、長距離、バレエ、スケート、日本舞踊、水泳、おえかき、書道、英会話をやっていたらしい。その中でもピアノは3歳のころから習っており、今でも続けているとのこと。どこかのタイミングでこれらを披露する機会があることを期待しておこう。おえかきに関してはポンコツすぎてすぐ辞めたと彼女自身は言っているが、筆者の予想だと普通の人よりはレベルが高いと思う。少なくとも筆者よりは。
これだけたくさんの習い事をしていたら、周りの人は気になることがいっぱいだろう。話をするのが絶対楽しくなる。さらに噂では彼女は天然らしい。お話してみたくなる要素しかない。まだまだ深ぼっていくと、面白い情報がバンバン出てくるかもしれないので、たくさん声をかけることをお勧めする。
ここまで紹介文を書いてきて、もはや彼女にはできないことがないように思えてきた。なんだかI丸A也みが感じられるのは気のせいだろうか。気づいたらランク戦もどんどん勝ち進んでいっているのが簡単に想像できる。これからのバドミントン、部活内での活躍がとても楽しみである。

河野 真里奈
0年 放射
滋賀 虎姫
虎姫高校から来たまりなちゃん。
彼女は笑っている。とにかく笑っている。練習どころかみんなが緊張してガチガチになっているランク戦でもずーっと笑いながら羽根を打っていた。とても楽しそうである。
そんな彼女は今までバレーしかやってこなかったそうだが、バドミントンの才能もあるようだ。とっても上手い。そして楽しそう。
趣味は寝ることだそうだ。寝ることすら楽しんでしまうのか。好きなものはのりだそうだ。彼女に話しかけるときはのりを持って行こう。

小木曽 陽和
0年 放射
岐阜 恵那
中高ソフトテニス部、バドミントン適正は高そう女の子、小木曽陽和(こぎそひより)ちゃん。
新歓期は名字の読み方が"こぎそ"か"おぎそ"か分からなくなり同期のA君と何度も確認するほど曖昧だった(今はちゃんと覚えてます)。個人的には"おぎそ"読みが多いと思うのだがどうなのだろうか。
話した第一印象はとても真面目なのだが、同級生の女子からの印象は違うようだ。なんと、筆者が抱いた印象とは真逆で不真面目、そして同級生女子の中で一番変らしい。不真面目エピソードとしては提出期限を守らなかったことがあるようだ。一年生はオンライン授業で小テストがたくさんあると思うので小テストをやり忘れることがありそうで成績が少し心配だ。
同級生からの印象はこんな感じだが、本人は長女っぽいと思っているらしい。同級生の中の長女ポジションになるのはかなりの努力が必要になるのではないだろうか。
陽和ちゃんは真面目かと思いきやとても面白い可能性を秘めていることがわかった。話したことがない人は是非話しかけて彼女の面白さを知ってほしい!

土田 明穂
0年 看護
愛知 半田
半田高校から来た土田明穂ちゃん。
いつもニコニコしており、ゆるキャラ的雰囲気を持っている彼女は特に喋るときとてもゆるゆるで、筆者が「なんか紹介文に書いて欲しいことある?」と聞くと「え〜特にないですぅ〜」、と返されてしまい書くことが少なくて困ってしまった。
そんな彼女は高校の時には卓球部に入っていたようで、同級生の話では卓球をするときはゆるゆるではないらしい。また、卓球でミスをした後の仕草がとても可愛いようなので是非卓球をする機会があれば明穂ちゃんを誘ってみて欲しい。
好きな食べ物は抹茶、と女の子らしい回答をした後に「それ以外だと肉です」とニコニコ話す正直者である。
また、韓国系アイドルがとても好きで、特に、BTSは、3回ライブに参戦するほどにお熱!特にジミンが好みの模様。韓国系アイドルが全般的に好きらしいので、韓国系アイドルが好きな人はぜひ話しかけてみよう!

増田 未緒
0年 検査
愛知 時習館
愛知県の時習館高校から来た増田みおちゃん。
いつも明るく元気な彼女が笑顔でバドミントンをしている姿はとても印象深いだろう。こんな素敵な印象がある彼女だが、彼女の魅力はこんなものではない。
まず彼女の魅力の一つとして、多趣味なことがあるだろう。その趣味の一つとして映画鑑賞がある。彼女は最近アマゾンプライムの会員になり映画を見まくっているらしく、直近は映画「君の膵臓をたべたい」を見たため、北村匠海に現在絶賛ぞっこん中だ。筆者も北村匠海のしゃしゃり出ない演技には好感を持っているので、是非とも北村匠海トークをしてみたいところである(北村匠海ファンの方ごめんなさい)。また、映画鑑賞の他に音楽鑑賞も趣味としており、様々な曲を聴くそうだ。特に宇多田ヒカルやONE OK ROCK、TWICE、Ed Sheeranなどが好きだそうで、このことからも幅広いジャンル(アーティスト)の音楽を聴いていることが伺える。しかしこんな音楽好きの彼女だが、ライブに一度も行ったことがないらしく、現在ライブに行くために一生懸命バイトを頑張っているそうだ。そして我々部員には、彼女の「初ライブ」をゲットする権利がある。お金が溜まり次第ライブに行くことが予想されるので、もしこの権利を行使したい方がいれば一刻も早く彼女をライブに誘うことを強くお勧めする(筆者もライブに行ったことがないため非常に興味有り)。
また、何でもできちゃうのも彼女の魅力の一つだろう。これまでやってきたスポーツは水泳とソフトテニス。大学から始めたバドミントンでは水泳で培った柔軟性とソフトテニスで培った力強いショットが持ち味で、正直言って才能しか感じない。そして、できることはスポーツだけに留まらず、習い事としてそろばん、習字、エレクトーンをやっていたという。スポーツができて、計算が早くて、字が綺麗で、エレクトーンが弾けるってなんやねん!と羨ましくなる気持ちはあるが、彼女であるなら納得かもしれない。増田みおだもの。
こんな多くの魅力を持つみおちゃんに今後目が離せなくなること間違いなし!

森谷 茜
0年 理学
長野 松本深志
長野県の松本深志高校から来た森谷茜ちゃん。
筆者は新歓で初めて見た時、「謎の親近感」に包まれた。初めはなぜそんな風に感じるのだろうと疑問だったが、その疑問に対する答えが新歓を重ねるごとに明らかになっていき、結果的に二つの答えに辿り着いた。
まず答えの一つ目は、「顔(特に目)が筆者の姪っ子に似ている」ということだ。この答えに辿り着くまでは全然思っていなかったが、今思えば激似である。筆者は最後に姪っ子に会ったのが3年以上前であるため、彼女を見るたびに懐かしい思いになるのだ。
そして答えの二つ目は、「筋肉が大好き」ということだ。彼女には、「2008年の北京オリンピックで活躍する体操の内村航平選手に憧れてトレーニングを始め、5歳にして腹筋がバキバキだった」という強烈な筋肉大好きエピソードがあるそうだ。体操選手に憧れて体操を始めるならまだしもトレーニングを始めてしまうというのは、はっきり言って筆者を凌駕する「脳○」の才能の塊である。また、彼女は高校時代筋トレにハマっていたが、それよってついた筋肉が受験期で大幅に落ち、体重が10kgも減ったそうだ。筆者は彼女の落ちた筋肉を取り戻すために、一緒にトレーニングに励まなければならないという強い使命感に駆られている。さらに、彼女はたまに練習中ノースリーブを着ているが、その理由を尋ねた時に「見た目が強そうでカッコいいから」という筆者と全く同じ思考回路をしていることが判明し、彼女とは仲良くなれそうだと確信した。女の子に対してこの類の親近感が湧くことに筆者は驚きを隠せないが、A賀先輩、筆者、彼女と三学年続いて医バドに「脳○」が爆誕してしまったことは、非常に危険な状態なのかもしれない。
このまま終わってしまうと読んでいただいた方に、「彼女はただの脳○なのか。」と思われてしまう可能性があるので(筆者の責任です)、決してそんなことはないと全力でフォローして終わろうと思う。
知っている人も多いと思うが、彼女は非常にユニークで奥が深い生き物である。試合中はコートの中を駆け回っているが、試合後は礼儀正しく挨拶をしてくれるし、一生懸命練習に取り組み集中している中でも、冷静に周りを見て気が配れるし、少し天然なところもありつつ、自分の芯を持ってしっかりしているところもあるのだ。本当に良い子である。
そんな知れば知るほど面白い茜ちゃんに今後も乞うご期待!

__


Top    Close