2nd grade


お名前
バドミントン歴 学科・専攻
出身地 出身高校
ひとことメモ


小田切 健人
4年 医学科
山梨 甲府南
自称クールな男、小田切ことぎーり。
筆者にはじーり、じーじ等と、Aかね氏にはタケシと、名前を呼び間違えられることもしばしばある彼。
クール?で控えめで省エネそうな彼だが、筆者やAかね氏に呼び出されればK林氏と同様に、どこまでも駆け付けるフッ軽さを持ち合わせている彼。
彼はペヤング極激辛を孤独と向き合いながら1人で完食しお腹を壊したり、ママチャリで桶狭間までサイクリングをする、謎多き人物である。
そして、彼の伝説は計り知れない。
彼の家で開催された鍋パーティーは包丁と鍋、まな板の買い出しから始まったという伝説や、「ねぇぎーりー」等という女子の甘い声を飛び交わせ、彼が一度手を振れば女子を大盛り上がりさせるという伝説を持つ罪な男である。
ちなみに、彼の名台詞「構わないよ」はレア感を出すために頻繁に使わないよう意識しているそうだ。
そんな彼だが、彼の姿勢は非常に悪く、彼の背中と壁はまさに円と接線の関係である。彼の姿勢の悪さは筆者と肩を並べる程であり、彼は筆者と同程度が嫌なのか断固として認めないが、彼の本当の身長ー10cmになっているのは事実である。
また、彼は生活リズムが大変乱れており、起床時間15時、活動開始時間18時という生活を送っている。またK林氏とは真逆の生活であり、部活が無ければ出会うことはないのかもしれない。是非彼に何時に起きたか尋ねてみよう。きっと時間の概念を壊しにくるだろう。

木村 実茂
4年 医学科
神奈川 横浜翠嵐
横浜出身のシティーボーイ!
いつも色んなことを論理的に論破していく、将来が有望な研究医のたまご。
なんでも前向きで真面目な彼だが、1年後期で1つ単位落としてかなり落ち込んでたからみんななぐさめてあげて!
見た目も中身も超真面目だけど、明るくて面白い一面も!最初はなかなか喋れないタイプかなと思いきやめちゃめちゃ会話弾むからびっくり。
バドは経験者でめちゃうまいが、前回のランク戦で自分の思うようにいかなくてすっごく落ち込んでたから、これからまだまだ強くなるだろう。期待!

久野 裕輝
4年 看護
愛知 向陽
2年男子のいじられキャラ、久野くん!言い間違いのクセも強く、かなりのポ○コツだと筆者は思っている。
また、2年のイベント企画係でもある(と筆者に思われている)久野くん。春休みには和歌山旅行まで企画してくれました。次のイベントも楽しみにしているよ(全任せ)。
そしてそして久野くんといえばJKのようなストーリーをあげるインスタ男子!ラーメン美味しそうやおね!??数々のラーメンを食べ歩く久野くんによるブログ「ラーメン放浪記」は見逃せない(予定)。
また部活では、声が大きいことで有名な久野くん。そんな彼の試合中の「(筆者にはとても表現できないが)」はお馴染みである。
みなさんあたたかくいじってあげましょう。

小林 剛志
1年 医学科
愛知 東海
生粋の東海生の小林剛志。スマートに立ち回れるできる男であるが故、中高時代は特に目立つことをせず、しれっと日常に溶け込んでいる、いわゆる劇でいうところの”生徒D”くらいのサブキャラを演じてきた彼。入部当初も無難に馴染み大人しい真面目キャラを確立していた…。が、しかし幹部交代合宿では見事にブルゾン剛志を演じきりかわいい女子(with G)を侍らせ、見事な自虐ネタを披露した。食べることに目がなく、おやつを食べる手が止まらず集合時間に遅れたことがある程。おやつを前にした彼の手は制御不能なのである。またキング牛丼や10マックなど、数々の大食い記録を打ち立ててきた。そんなこともあり、今ではコナンでいうところの少年探偵団の光彦ぐらいの存在感を放っている。また、バイトに入れず暇を持て余した彼の日課は散歩すること。毎朝6時に起床し、散歩に行き、昼寝をする。もしかしたら"見た目は20頭脳は70その名も…"と言った状態なのかもしれない。
彼は時間に裕福(ほぼニート)であるため、呼び出されればどこでもすぐにかけつけるフッ軽の中のフッ軽。是非人手にお困りの際は彼に声をかけてみてほしい。おやつを食べてから駆けつけてくれるだろう。

p.sちなみに彼の父親の名前は聡(さとし)だそうだ。

近藤 秀太郎
1年 医学科
愛知 東海
「近藤」というよりは圧倒的に「しゅうたろう」な近藤秀太郎ことしゅうたろう。どんな時も捨て去ることのない天性のポジティブさに筆者はとても元気をもらっている。また、その天然さはバド部随一でたびたび部員を驚かしているようだが、彼の行動や言動の節々にそれを感じ取ることができるので気になる方はよく観察してみよう。そして英会話歴が長い彼はある時アメリカ人さながらのoh my goshを披露してくれ筆者も驚きを隠せなかった。そんな魅力的な個性を持つ彼の、今後の活躍に目が離せない。

宍戸 聖征
1年 医学科
愛知
飲み会では持ち前のノリの良さと勢いで数々のギャグを残してきたバド部の盛り上げ担当ししど。
中高時代は剣道部に所属、正直筆者はししとが剣道をしてるイメージが全く想像できない(そう思ったのは私だけであろうか?)
バドミントンを始めたのは大学からだが持ち前の運動神経でメキメキ上達しているがなかなかランク戦ではなかなか勝てない。今年こそは頑張って上位を目指して頑張れ!!
そんな彼はダンス部にも所属している、そんな彼の踊りはキレキレでかっこいいとの噂だ!!踊ってて言ったらきっとキレキレの踊りを披露してくれるぞ!!

新美 暖
4年 医学科
愛知 東海
バド部2年男子の盛り上げ役、飲み会コールといえば我らが新美暖である。じつは彼は帰国子女でマービーというおしゃれなミドルネームをもっている。もったいない限りである。
いつも彼の周りの飲み会は部活に限らず、医学科の学年飲みでも激しく男気溢れておりとても楽しそうである。でもいつもテンションが高いのではなく、授業に出ている時の彼はいつも眠そうでつまらなそうにしていて、出席も適当で勉強している様子はないが、しっかりと単位を取っていく様はザ・マービーという感じである。
そんな彼だが、バドも上手いのだ。得意のカットとヘアピンは見ていてとても鮮やかで楽しい。今後の彼の飲み会とバドの活躍には目が離せない!

前島 瑞季
1年 放射
岐阜 岐阜
2年男子の癒し担当、みずきくん。
筆者的みずきくんの推しポイントは、はにかんだ笑顔と岐阜弁!みずきくんに「〜やおね」と言われてテンションが上がらない人なんてきっといないだろう!幹部交代合宿の劇ではジャスミン役を演じ、その可愛い姿は見るものを魅了した、はずだ。
そんな癒しキャラのみずきくんだが、実は面倒見がよくて頼りになる一面もあり、放射女子の永遠に終わらない課題提出を手伝ってくれたりする。感謝!
2年になり、先輩としての新たな一面を見せてくれるのが楽しみである!

坂口 愛実
1年 放射
滋賀 虎姫
滋賀からやってきたしっかり者のまなみちゃん!
常に周りが見えてて仕事ができるお姉さん、会社で働いたら超優秀で頼れるOLさんになること間違いなし!しかもスタイル良くて顔の小さい美人さんと言う完璧さ。
おっとそこの男の人、そんな方法で飲まそうとしても彼女の必殺技である睨みつけると「何してんの?」というS発言で追い返されてしまうので注意してね!
最近はちゃんと飲み会にも参加してくれる将来有望株!筆者は知らなかったがクッキーサンドアイスとドーナツが好きらしい、お酒とこの二つを持っていけばSを発動されることもなく近づけるだろう!

服部 真奈
1年 検査
三重 四日市
三重県出身の検査ガール、はっとりまな!いつも明るくみんなを楽しませてくれる、とても欠かせないバド部のメンバーである。普段から三重弁(?)が炸裂しており、よく耳にする、?やんね!?やん、やんやん…はとてもかわいらしい!(筆者の使う?やおねには勝てないだろう) そんなまなちゃんはバド部でもトップを争う真面目ガール!三重からの実家通いにも関わらず、正当な理由以外で授業を休んだことがないらしい。(呼吸をするように一限をサボっている筆者とは天と地の差が、、、)また、バドは大学からのスタートだが、この1年でその才能はメキメキ開花し始めている。2年生となり、先輩としてこれからどう成長していくか、それは誰にも予想できやしない、、、!持ち前の分析力と実行力で、立ちはだかる壁を次々と乗り越えていくことだろう!はっとりまなの成長は、もう、止まらない。

平野 茜
1年 放射
大阪 雲雀丘学園
2年の女子力おばけ、平野茜!
彼女のインスタには部活の練習後にもかかわらず美味しそうな手料理があがっていたり、おいしいお菓子、カメラ、お裁縫、イラストも上手であらゆる女子力を網羅している!!!あかねの家に泊まるとおいしい朝ごはんまでついてくるので筆者はお姉ちゃんのように頼りっぱなしである。いつもありがとう。
そんなあかねは何事も全然で楽しんでいる!試合練中に響きわたる叫び声がその全力さを物語っているだろう。ソフトテニスで培った軽いフットワークとバレーで身に付けた腕の振りを生かして大学はじめとは思えないスピードでバドの腕をぐんぐんあげている。
こんな魅力的なあかねは、誰とでも仲良くなれる才能も持ち合わせている。きっと後輩にも慕われる先輩になること間違いなし!今後が楽しみである!!

藤井 真愛
1年 看護
岐阜 岐阜北
岐阜県の不思議少女。筆者との思い出は、練習試合にて電車を乗り違えて遅れたという失敗を繰り返しているという告白を受けたあの日のことである。あれからどれくらい時は流れたのだろうか。よくゲームをしているらしい。なんのゲームをしているかはわからないが、とにかく楽しそうであります。とてもおしとやかなお方である。今後に期待です。

増井 里紗
4年 放射
奈良 西大和学園
2女の関西弁コンビの1人、増井のりさ氏。いつもコッテコテの関西弁と気の抜けた口調によって話しかけるため、話していると脱力感を感じてしまう!(個人差あり)
また非常に可愛いのにも関わらず、親しみやすいため男子はみんなりさ氏の虜になってしまうだろう!危険である。
しかし、そんなお茶目な一面とは裏腹に、バドミントンではこれ以上ない実力を見せつけてくるので要注意!2女で唯一の経験者スタートなのでコテンパンにやられます。
主な生息地は平野のあかね氏の家か某マックスバリュである!マックスバリュではバイトのはずなのに、社員を超える勢いで働いているらしい。稼いでるので1年生が頼んだらなんでも奢ってくれるかも…
2男の小林のぴ〜たけ氏を下僕としており、家の模様替えを手伝わせたりなど常にだる絡みをしている様子。しかし小林のぴ〜たけ氏は受け流しスキルが高いため、もはやどちらが年上なのか分からないところまできている!大丈夫なのか!?
今後も彼女の活躍から目が離せない!



Top    Close